日曜出勤(6/5)

科研の報告書を作成するために出勤.とはいうものの,他にも山ほど仕事があって,やっと着手した頃には暗くなっていて,午前様になったところでダウン.それでも過酷だった5月に比べれば楽だな.

NEE東京(6/4)

NEE東京に登壇.

「アクティブ・ラーニングと児童1人1台の情報端末活用」では福山先生と佐藤先生にお世話になる.一見,共通項のないと思えた二人の歩みは,実はほとんど同じだったことが成果だと思う.これをさらに整理すると,1人1台を進める重要な知見になるかも知れないと思った.よい勉強をさせてもらった.

そして,
ワンダースクール応援プロジェクト② 
~「未来の授業(1人1台)を創造する」各自治体の状況に応じた普及展開策と今後の展望~
に登壇.こちらは話を聞いている間に,富山時代の奮闘を思い出した.ホントいろいろあった.でも,学校はもちろん,教育委員会やパナソニックの協力でうまくいった.そんな思いを最後にコメントさせてもらった.

ワンダーでも手順は一緒に思える.一応,現時点でのをまとめておく.

1)ICT環境づくり
 ・安定の重要性
 ・常設と常設方法の重要性
 ・教員研修の重要性
2)基礎基本,学習規律づくり
3)教師によるICT活用の日常化
 ・学習指導に拡大提示(実物投影機)を加える
 ・先生もタブレットを使ってみる
4)児童の情報活用能力の育成
 ・情報スキル,機器操作スキルなど,スキル習得から

その上で教科の学習でのタブレット活用があるということであろう.

次はNEE大阪.登壇者は一部変わるけども,それでも通用するか考えていきたい.

北海道における教育の情報化に係る指針検討会議(6/3)

北海道における教育の情報化に係る指針検討会議のために札幌へ.主査に指名されて,教育委員,教育長,校長先生など偉い先生方がメンバーのなかでの司会業務.終了後は会議のメンバーで一献.さらに延長戦.北海道の教育の情報化が進めばと願っている.

広島市講演(6/1)

「ICT活用を踏まえた情報活用能力の育成」というお題をいただいて2時間の講演.教務主任や情報担当者など300名を超える受講者で,ホールでの開催,アクティブ・ラーニング的な研修にするには,結構難易度が高いように思いつつも,何度か話し合い活動を入れながら終了.途中で,フィンランドや韓国のICT活用の授業ビデオ,塩谷先生のわくわく授業ビデオ(10年経ってもやっぱり秀逸だと思う)など,いろいろ工夫したつもりだけども…,どうだったか.今回は,FB等々で受講生からダイレクトにメッセージを匿名も含めて数通いただいた.ありがとうございました.
夜は広島市の皆さんと一献.終了後,さらに予想外の延長戦で一献.

どうも出張が久しぶりだと思って調べたら,5月は一度も飛行機も新幹線も乗らず,ホテルにも泊まっていなかったことが判明.こんなことが過去にあったのだろうか.15年間はなかったかも.でも,5月は椅子に座る間もないほど忙しい日々が多かった.仕事の仕方が変わったのだと実感.久しぶりの新幹線に気分転換になった.大学と都心の往復ばかりで,行き詰まっていたこともよく分かったし,自分は遠出が好きなのかも知れない.

5月も終了

5月は本当に大変で,毎日毎日,全力投球だった.あまりの忙しさにblogはお休みさせてもらった.JAET富山大会の時よりも大変かもしれない.いろいろと混乱してきたので,引き受けた仕事を一覧表にまとめてみたら,終わらないくらいの量に思えてきた.

無題無題2それにも関わらず,今日だけでも,重そうな仕事が3つもやってきて引き受けてしまった.その上,せっかく書いた某原稿は提出時刻を間違え,前払いの海外ホテルの予約は1ヶ月間違えて泊まらずに流れてしまうし,ミスも多発.他にもいろいろとご迷惑をおかけしている.

慣れていないことも多いから効率も悪い.実験室やスタジオも少しずつ片付いてきてアクティブ・ラーニングとICT部屋になりつつあるけども,無線LANなどの設定をする時間がない.ペースが落ちている.夏までに終わるかな.ビフォーアフターの写真を載せてみる.

大学の日(4/25)

教育メディアプロデュース特論,教育工学特講の学部の授業に,教育工学特論の大学院の授業.3コマこなして,合間に事務仕事をして1日が終わる.

VHS(4/23)

学芸大が会場校.そしてプレゼンが2回あるという大変な日.鍵開けが一番の任務なので,勢い余って7時45分頃に守衛所に行ったのが間違いだったのか,朝から騒動となってしまった.無事に解錠?.2年生の村上君,渡邉君も会場準備から参加.感謝.

野中先生のJAET会長就任祝いに,塩谷先生,中尾さんの博士号取得記念講演と今回はかなり濃い.その中で,私は学芸大紹介.当然,卒業生もたくさんいるので,科研費取得率とか運営費交付金ランキングとか,教員が特に知っている情報を中心に紹介.最後の高橋コーナーは,向後先生の本から能動的な学習とは何か,学習目標から解説した.これでALも考え方から具体例から上手に説明できるようになった?

広島市立藤の木小学校(4/22)

パナソニック教育財団の特別研究指定校として,広島市立藤の木小学校が選ばれた.そのアドバイザーとして2年間派遣されることになった.既に有名校の藤の木小において何が貢献できるのかと思う.

今回は顔合わせとしての打合せが主な目的.全ての学級の授業を見せてもらった.学校全体で学習規律が統一されている強さ,タブレット操作といったスキルトレーニングが済んでいる強さからか,初任や若い先生の学級においても,タブレットがうまく活用されていた.4月のこの段階で,このレベルは通常ではないだろう.ただ,タブレット活用に世間が期待するレベルに到達するには,このくらいのことが4月から当たり前でなくてはいけないのだろうと思った.今後が楽しみだ.

終了後は広島空港で広教と打合せをして,東京到着後にチエルと打合せ.ずいぶん疲れると思ったら朝は札幌にいたんだった.長い1日だった.

札幌(4/21)

道教委と打合せ.道教委では教育の情報化を推進するセクションを新設.これに関わる打合せ.

幌西小学校では,新年度の御挨拶.本年のプロジェクトのお願いをする.続いて,札幌市教委.これも幌西小の件をお願いすると共に,札幌市事情等について意見交換.

新保先生は大変にお世話になった.おかげで充実した札幌訪問となった.