博士課程学生の募集

平成29年度より,高橋研では,博士後期課程の学生の受入が可能となった.
教育方法論講座の担当である.
今のところHPには名前が出ていないが,募集要項には私の名前が出ている.
社会人でも現職教員でも外国語を受験する必要があるなど,ハードルが高い部分もあるけども,興味のある方,お待ちしております.

いろいろやっています(7月前半)

・情報通信技術を活用した教育振興事業(7/1)
  IE-Schoolの企画会議に出席.午後は欠席.
・江東区立毛利小学校(7/1)
  1人1台PCが入る前に何をすべきかの講演
・NHK「しまった!」番組委員会(7/3)
  15回分の番組内容等について意見交換
・JSET全国大会締切(7/5)
  今回はなんとか原稿を出せた
・新潟県立教育センター(7/6-7)
  教育の情報化全般に関する講演
・教育同人社打合せ(7/8)
  教材等について
・学校情報システムによる学校経営支援研究会(7/9)
  今年度最初の会議.今年は成果を発表していく.
・高次な学力育成に資するICT活用研究会コア会議(7/11)
  今年の成果について確認
・チエル打合せ(7/12)
  教材管理の方法について
・NGK打合せ(7/13)
  動画クリップをどのようにデジタル教科書に組み込むか
・江東区立小名木川小学校(7/13)
  卒業生の三好君の初研究授業.おめでとう!
・文科省で情報関係の打合せ(7/14)
・中教審に出席(7/14)
・北海道における教育の情報化に係る指針検討会議(7/15)
  不慣れな座長業務をなんとかこなす
・JSET編集委員会(7/16)
・三好君・澤田君来研(7/16)
  研究室の掃除もお願いしつつ,近況を聞いた.頑張っているね.
・オーエス打合せ(7/19)
  新型のマグネットスクリーンを見せてもらう.JAET大会への協力依頼.
・NHK for School ICT活用ワークショップ打合せ(7/19)
  8月に松山で行う会の打合せ.

東京に来たからか,歳を取ったからか,仕事量が多くて,ルーティーンでこなせる量を超えていた.毎日無理をして結局調子が悪くなる日々だった.うまく成果に結びつけないと忙しいだけに終わってしまうと反省した1ヶ月であった.

いろいろやっています(6月の残り)

やっと一息ついたのでまずは6月後半の振り返り.

・富山県立魚津高等学校の先生方来研(6/15)
  1人1台PCについての相談
・春日井市立高森台中学校(6/16)
  田中校長のリーダーシップで順調なスタート.さすが.
・笠岡市立笠岡小学校(6/17)
  確かな学力をつけるために少しでも貢献できれば.
・New Education Expo大阪(6/18)
  1人1台PCが円滑に進むために何が必要か,登壇者の意見が一致.
・墨田区教育委員会(6/21)
  デジタル教科書と動画クリップを活用する授業実践のお願い
・江東区立小名木川小学校(6/22)
  あらゆるパターンで1人1台PCの実践をする学校.今年も実践スタート.
・文科省で打合せ(6/22)
  偉い人方々に囲まれて打合せ
・安中市立松井田小学校(6/23)
  秋の視聴覚大会に向けて授業参観と講演
・相模原市立総合学習センター来研(6/24)
  情報モラルガイドブックづくりについて打合せ
・「2020年代に向けた教育の情報化に関する懇談会」基本問題検討WG(6/24)
  プレゼンの準備が大変だったけど,うまくいって安堵.
・高次な学力育成に資するICT活用研究会(6/24)
  どのように思考力等を育成するかガッツリ議論
・武蔵野の会(6/24)
  虎ノ門のビルで綺麗な夜景を見ながら勉強.
・VHS(6/25)
  毎度同じく,目標・活動・内容の話をする.
・上海(6/26-29)
  華東師範大学,上海師範大学などを訪問して研究会.プレゼンもした.
・小金井市研修
  地元の教員研修にデビュー

ということで,体力の限界だった.

JAET佐賀大会下見(6/11)

JAET佐賀大会の下見.まずは大会運営についての打合せ.かなり込み入った大会運営なので打合せ事項はとても多い.でも,富山大会の時のように1人で抱える必要がないのは本当に楽だ.あっという間に仕事が進んでいくし,大勢で進行するだけに,同時に記録も残っていく.組織的に対応する事の強さを実感.

JAET佐賀大会のHPはここ.既に研究発表の申込も始まっている.

新潟県立教育センター(6/10)

「ICTを活用した授業づくりリーダー養成講座」で講義を行う.人数が少なかったことや,1人1台の情報端末活用について興味があるようであったので,この話を多めにした.ただ,こちらはどうしても話題が難しくなる.

終了後は,東京経由で佐賀に向かう.遠かった…

中教審教員養成部会(6/9)

文科省へ.第1回目の会議.答申に基づいて,今後,どのように教員養成や教員研修が進んでいくのか,進めていくべきなのかといった検討や質疑が行われた.委員は大先生たちが多くて落ち着かず.今年は2年目.でも,本分野は今後,大きな変化が予定されているので,たくさんの勉強をしないといけない.終了後は,別の打合せ.こちらも濃かった.

秩父市打合せ(6/8)

秩父市の新谷教育長らが来研.今後,秩父市で行うタブレット活用について打合せを行った.まずは環境整備から検討していく必要があるが,限られた予算で,効果的な環境整備をするのは本当に難しいと実感.その上で,実践を一つひとつ積み重ねていく必要があるのだと思う.

外回りの日(6/8)

NHKへ.「NHK for School ICT活用ワークショップ」の打合せ.私は,8月5日(金)に開催の松山市立伊台小学校を担当する.
その後,動画クリップと連動したデジタル教科書開発に関する打合せ.

江東区立小名木川小学校へ.タブレット端末を活用した社会科授業を参観した.タブレットで資料をじっくりと読み取って,読み取ったデータを整理して,自分の考えをまとめていく実践.落ち着いて進んでいった授業であった.夜は授業者らとの懇親会.三好君の名?幹事であった.

大学の日(6/6)

人間ドックの続きと科研報告書作成の続き.午後から,オーエスが来研,授業を2コマやって,教育出版が来研.そして7限目の授業を1コマ.再び科研の報告書き.今日は閉門時刻ギリギリで大学を脱出.

日曜出勤(6/5)

科研の報告書を作成するために出勤.とはいうものの,他にも山ほど仕事があって,やっと着手した頃には暗くなっていて,午前様になったところでダウン.それでも過酷だった5月に比べれば楽だな.