芝園小校内研(8/19)

JAET富山大会,パナソニック教育財団のワンダースクール応援プロジェクトのための校内研修の2回目.まず自分自身が芝園小の先生方,特にベテラン先生方に認められないといけないと思っていた.タブレット活用となれば,ベテランから見れば,そんなのなんてと思うだろうし,それに興味を示す若手に一言いいたいかもしれない.一応,パナソニックがタブレット活用の支援に入ってくれるということであったが,どちらかというと,思考力育成等に関する講演ネタを中心に準備.

会場に着くとパナソニックの偉い方ばかりでちょっと驚いた.ほとんど準備したネタではタブレットは使わないので,申し訳ないと思いつつ,突入.

まずは実物投影機の活用シーンの発表が学年ごとに行われた.まずはこれが上手に使いこなせない限り,そして「補充する感覚(佐藤オオキさんからの講演ネタ)」で使えない限り,良い授業になる事は無いと思う.全てのICT活用の基礎基本といっても過言ではない.毎回の特訓が必要だ.

その後,児童のICT活用となるとどうしても高次な学力の育成がテーマになりがちだと思うので,そのあたりの考え方について講演.

最後に少しだけタブレットを活用.時間が短くて大変に申し訳ないと思ったら,運悪くトラブルが頻発して,演習どころではなかった.結果的に私の判断は正しかったように思えたけども,初対面の先生にとって,こんなにトラブルがあっては悪影響だと思った.校長先生からも厳しいお言葉をいただく.

終了後,昼食を食べて再び芝園小に行き,機器のチェックや習熟訓練を行った.今後,実践の際は,学生をICT支援員として派遣することとした.