富山市教育センター:ICT活用・授業力UP研修(7/31-8/1)

恒例の富山市教育センターによるICT活用・授業力UP研修.全ての中学校,小学校から1名ずつ参加する研修である.ということで,2日間で3時間の講座を3回行う.

この講座では,実物投影機の活用を主軸におくので,一見にすると,とても簡単で毎年恒例の研修にみえる.ましてや,既に年間のICT活用授業時間が18万時間を超える富山市の小学校にとっては,ますます不要な研修に思えるかも知れない.ミソは,授業力UPにある.今年も新しく着任された堀井指導主事が,何度も大学に相談に来てくれて演習教材を作ってくれた.教科書の一場面を取り上げ,指導のねらいを示し,そのために教員はどのように拡大提示し,どのように発話するか,各班で議論して模擬授業で披露する.なかなか難易度は高い.加えて,これも恒例のフラッシュ型教材の演習を行った.

一応,毎年,受けたことが無い人が受講することになっているので,かれこれ5年目と考えれば,のべ500名くらいの先生が受講したことになる.普段から活用していないとできない研修であり,同じような研修は未整備の地区ではやりにくいと思う.ということで,毎年,この研修が,その作り込みからとても勉強になるありがたい研修だ.