第7回ZOOM懇親会

こんにちは.M2の村上です.

本日は,第7回ZOOM懇親会!でした.

テーマは,「学校経営の最前線」.

北海道は札幌市から,稲穂小学校校長の菅野光昭先生からご講話をいただきました.

札幌市は,3月に休校,4月に休校があけ,2度目の休校を先駆けて経験しています.
正解のない状況で何らかの決断をしなければならない立場の菅野先生のキーワードは.「OODA(ウーダ)」でした.

OODAは,
Observe(観察する)
Orient(情勢への適応)
Decide(意思決定)
Act(行動)

のサイクルからなります.

まず,Observe.
心理学でよく,「私たちは目で見ているのではなく,脳で見ているのだ」ということが言われます.

常に,「都合よく情報を集めてしまってないか? ほんとか? きちんと情報収集ができているか・・・?」

常にモニタリングをしながら,丁寧に情報を集めているとのことでした

次のOrientは,
情報を整理する話でした.
吟味したとはいえ,処理しきれないほど大量の情報を渡されても混乱してしまいます.わかりやすく整理して,全員がきちんと「わかるように」情報を伝える,ということがポイントでした.

そして,Decideです.
「わかったことからどんどん決める」ということをキーワードに,情報を吟味して,意思決定ができるもことから,決めていくということでした.

最後に,Act,ということで,行動にどんどん移していくということでした.

これって,探究だなと思います.
大まかに,情報の収集,整理・分析,まとめ・表現になっていることがわかります.

最後に,菅野先生は,
休校はあけるかもしれないけれど,札幌は,第2波を経験した札幌としては,油断は本当にできない.また休校になる可能性も十分にある.
そのことを強く,強く意識してほしいとのことでした,

胸に染みました.

菅野先生,ありがとうございました!