BOOK REPORT

こんにちは.M2の村上です.
本の紹介記事を書いてみます.
私が小学生くらいのときの高橋研の文化を,復活させてみました.
拙い記事でございますが,何卒ご容赦ください.

さて,日常生活で,

「何だか漠然としてるなあ」

「具体的に考えると?」

「分けて考えよう」

と言われることがよくあります.

では,いったい,「分解して考える」と,どんないいことがあるの?

今日は,そんな疑問の参考になる本をご紹介したいと思います.

赤堀侃司(2013)教育工学への招待,ジャムハウス
https://amzn.to/2WvH28T

こちらの本を参考に,分解事例をひとつ紹介いたします.

例えば,「プレゼンはどうすれば上手くなるか?」

ということを考えてみます.

多くの大学に,プレゼンを専門に練習する授業はありません.

しかし,ほとんどの授業ではプレゼンが求められます.

では,プレゼンはどうしたら上手くなるか?

そのために,プレゼンを分解して考えてみます.

プレゼンの技術を,話す技術,身振り手振りの技術,スライド作りの技術に大まかに分けてみます.

これだけではまだまだ大雑把ですので,話すということを,「話す声」と「話の構成」に分けてみます.

もっと分けると,「話す声」は,「大きさ」「トーン(抑揚)」「滑舌」「間」というように分解できますし,「話の構成」は,「お話の順番」や「一文の短さ」などに分解できます.

プレゼン上手な人を見たときに,それをこのような観点で分解して考えて,一つ一つの要素を身に付けて行けば,プレゼン上手になるのではないか,というように考えるわけです.

本書のタイトルになっている,教育工学は,

教育を対象に,工学的に研究する学問と言われています.

工学的な考え方の一つには,分解して考えるということが挙げられます.

ですので,本書には,なるほど!となるような,分解して考える考え方が多数紹介されています.

もちろん,基礎的な知識も多く学ぶことができます.

ぜひご一読ください.

お読みくださり,ありがとうございました.

参考文献;赤堀侃司(2013)教育工学への招待,ジャムハウス
https://amzn.to/2WvH28T