情報を共有する→活動を共有したいんだ

早いところでは,既にGIGAスクールの環境での実践が始まっている.

短期間で成果が上がりつつある地域があることに驚きを覚えるが,もう歩み始めている道の方向がズレている地域もある.

やっぱり,クラウドなんだと.そして,授業では,ファイルの配布とか回収とか「情報を共有」したいを超えて,「活動を共有」したいのだと思う.

ちょっと表現が違うかもしれないけど,ファイルみたいなものを共有するレベルと,協働編集みたいな共有は,レベルが違う.それを単純に表現するためにはどうしたものかと思った次第.