テレビ会議に慣れよう!〜ZOOM懇親会〜

高橋研2年の村上唯斗です.

昨日の武蔵野の会の円滑な実施を支えたのは,毎週末のZOOM懇親会であったように思います.

3月末から,4回に渡って行われました.
昨今,ルーティンではない仕事に追われ,外出は控えなければならず・・・という状況の中,繋がりを大事にみんなで乗り越えていこう.そして,今後ますます必要になると考えられるテレビ会議に慣れていこう!という目的で行われました.

大まかな内容は以下の通りです.
1回目,2回目,3回目→おつまみと飲み物持参でざっくばらんに交流
4回目→大村先生@学芸大学から講演を頂き,学級経営についてじっくり議論,その後に懇親会
(5回目の武蔵野の会に続く)

交流していくに連れて,
「ビデオはオンの方が,顔が見れていいですね」
「あまりに大勢のときは,ミュートがいいけれど,4人くらいならミュートはオフの方がいいですね」など.徐々に文化も生まれてきました.

いきなり研究会!ではなく,慣れから始めてだんだん研究会へ・・・というのが,私たちらしさなのかなと思いました.

 

第34回武蔵野の会

こんにちは.
東京学芸大学大学院2年生になりました.村上唯斗です.
本年度から,村上は2名になりました.
唯斗村上を,“村上”と呼ぶことに慣れた先生は,少し呼び分けがしづらそうです.

さて,昨日は武蔵野会がありました.
普段は学芸大学で行っていた例会は,初のZOOMによる実施となりました.
時間短縮等は行わず,普段と同じスケジュールでの実施となりました.
「初ZOOM」とはいえ,4月初めから,所謂「ZOOM飲み」を繰り返し開催してきた甲斐あって,特に機器の操作等のトラブルはなく,円滑に会が進みました.
まずは慣れることを目標として始めることの大切さを感じます.

予測不可能な毎日ですが,繋がりを大切にしながら乗り越えていきたいと思いました.