最近の出来事

すっかりブログを書かなくなってしまい早2ヶ月が経とうとしている.リスタートにあたって,6/17から夏の講演スタートまでの主な出来事を箇条書き.

・6/20 NEE大阪
・6/21 JSET総会
・6/22 木原科研会議
・6/23 教育出版打合せ
・6/24 富山市教育センター打合せ
・6/25 富山市立上条小学校校内研
・6/27 情報研
・6/30 広島市立大洲中学校校内研
・7/1  オーストラリアビクトリア州駐日事務所打合せ,教員研修センター会議
・7/3-5 附属小無線LAN工事
・7/4 UT会議
・7/5 第1回 富山ICT 活用授業研究会
・7/6 カミオカンデ入り口まで
・7/7 札幌市立幌西小学校打合せ
・7/8 富山市立岩瀬小学校校内研
・7/15 富山県総合教育センター
・7/18 富山市医師会看護専門学校,教育出版打合せ
・7/19 JSET編集委員会
・7/25 教育出版打合せ
・7/26 チエルセミナー準備会議

このところの最も重い仕事はチエルの1人1台情報端末に関するプロジェクト,パナソニック教育財団のワンダースクール応援プロジェクトの立ち上げに関わることだ.いずれも調整が多方面にわたるし,まだまだ研究どころか,軌道に乗せる段階なので,何かと大変だ.そして,これらの成果は,来年度のJAET富山大会でも公開される.それに向けての準備も大変だ.

また,今年度の教員研修プログラムの海外派遣プログラムに関して,NEC,オーストラリア大使館,ビクトリア州駐日事務所の方々に大変にお世話になっている.ほぼ予定通りに進み,ホント,ありがたい.

一番嬉しかったことは,第1回 富山ICT 活用授業研究会が無事に開催できたことだ.各方面への調整が難航し,予定よりも2ヶ月弱遅れでスタート.やっぱりこういった調整はネットだけでは無理で丁寧に面会して積み上げていく必要があった.その結果,100名弱の参加者を得て盛大開催できた.ゲストの野中先生,土井先生には大変に素晴らしい講演をいただいた.また,学生も準備を頑張ってくれた.幸先のよいスタートがきれた.

ICT活用・授業力UP研修会(8/1)

高山です。

8月1日に富山市教育センターで行われた、
小学校教員向けのICT活用・授業力UP研修会に参加させて頂きました。
高橋先生講師のもと、日常的にICTを使うためのポイントや、
フラッシュ型教材の活用のポイントを学ばせて頂きました。

今回の講演では、高橋先生の、
「実物投影機で拡大提示するときは、板書並みに気を遣ってほしい」というお言葉が最も印象的でした。
ただ実物投影機を使って大きく映すだけでは
子どもに与える情報量を増やすだけになってしまう。
そうならないためにも、どうすれば子どもの勉強が捗るのかを考え、
・何を映すか
・どのように映すか
・どのような順序で映すか
に気をつけて使用することが大切であるというお話でした。

このことから、
教材の映し方や発話の仕方によって授業の中身が大きく変わってくるので、
ICTを活用した授業では、教師の指導力が前提であると学びました。

IMG_0773