学校教材活用法セミナーに参加(8/23)

学校教材活用法セミナーに,中沢と共に参加した.

教材は質の高さのみならず,その考え方を理解して使いこなしてくれる先生がいて,より有効になるのだと改めて思い知るセミナーであった.漢字指導に必要なポイントを長勢が洗い出したときに,100を超えていたけども,そういった細かい点をわかりやすくユーモアも交えながら解説をしてくれるセミナーであった.

よい機会をいただいた堀田先生,森社長,皆様に大感謝.

帰りにチエルによって打合せ.飛行機に乗り遅れるところ,運良く遅延で助かった.

高岡市情報教育推進委員会・講演(8/22)

高岡市情報教育推進委員会の研修会で登壇.この会は,向井先生の仕切りで情報モラルの研修が行われる予定であった.ところが,新保先生が,何とこの研修会時間中に富山で暇?をしていることが判明し,向井先生にも,新保先生にも無理をお願いして,急遽,ご登壇いただく事となった.

会場となった伏木小学校の校長先生は,林誠先生であった.素晴らしい!

研修は,向井先生の司会で和やかに進み,先生達の情報モラル指導の取り組みについての発表などに続き,私が情報モラル指導の考え方について講演をした.続いて,新保先生から幌西小での取り組みについて,日常的なICT活用と校務情報化をトピックに熱弁をいただいた.さすがのご講演であった.質問役の私は,高岡の先生に知って欲しい事がより際立つように質疑をさせてもらった.

帰りに白エビ丼を食べて,富山空港までお送りする.大変充実した研修に安堵した.

1ヶ月にわたった講演夏の巡業も無事に終了した.かれこれ15回の講演を行った.正直,体力的にできるか心配だったけども,何とか無事に終えることができた.特に学生の力が大きかったと思う.彼らがいなければ終わらなかった.感謝感謝.

指導者用デジタル教科書の基礎実験(8/21)

指導者用デジタル教科書の基礎実験を行った.内容はまだ公開できないけども,表先生や宮崎先生らに模擬授業を行ってもらった.やはりと思うことが多かったけども,なるほどという新しいことも結構見つかって勉強になった.お忙しいところ,実験に協力して下さった3名の先生に大感謝.

附属小学校へのタブレット導入作業(8/20-22)

附属小学校へのタブレットの導入作業が始まった.初日の午前に行くとIMG_3276大量の機材が附属小に届いていた.チエルとMHIからの2名で作業が行われるところに,高橋研から学生3名と手伝いにいった.大量の段ボールをみて,この処理だけでも終わらない.そこで急遽,三好も投入して,私も含め5名でお手伝い.午前中一杯かかって,全てを箱から取り出して通電できた.ホント,導入作業は大変だ.

翌日のカートの設置作業では,木製の台が必要とのことで,再び三好号を派遣.ホームセンターのハシゴが行われた.その他,三谷商事さんにも連絡をしてDHCPの個数を増やしてもらったり,私は朝しか行かなかったけども,そういった調整が続いた.

最終日の午後は操作説明が行われた.私も高岡の研修から戻り少し参加したけども,先生方も楽しそうであった.本番の活用が始まるのが楽しみだ.作業に当たってくれた前田さんらと,学生の皆さん,お疲れ様.

終了後,前田さんと同じ飛行機で上京.教育同人社のセミナー宴会に参加させてもらって,クタクタで睡眠.

芝園小校内研(8/19)

JAET富山大会,パナソニック教育財団のワンダースクール応援プロジェクトのための校内研修の2回目.まず自分自身が芝園小の先生方,特にベテラン先生方に認められないといけないと思っていた.タブレット活用となれば,ベテランから見れば,そんなのなんてと思うだろうし,それに興味を示す若手に一言いいたいかもしれない.一応,パナソニックがタブレット活用の支援に入ってくれるということであったが,どちらかというと,思考力育成等に関する講演ネタを中心に準備.

会場に着くとパナソニックの偉い方ばかりでちょっと驚いた.ほとんど準備したネタではタブレットは使わないので,申し訳ないと思いつつ,突入.

まずは実物投影機の活用シーンの発表が学年ごとに行われた.まずはこれが上手に使いこなせない限り,そして「補充する感覚(佐藤オオキさんからの講演ネタ)」で使えない限り,良い授業になる事は無いと思う.全てのICT活用の基礎基本といっても過言ではない.毎回の特訓が必要だ.

その後,児童のICT活用となるとどうしても高次な学力の育成がテーマになりがちだと思うので,そのあたりの考え方について講演.

最後に少しだけタブレットを活用.時間が短くて大変に申し訳ないと思ったら,運悪くトラブルが頻発して,演習どころではなかった.結果的に私の判断は正しかったように思えたけども,初対面の先生にとって,こんなにトラブルがあっては悪影響だと思った.校長先生からも厳しいお言葉をいただく.

終了後,昼食を食べて再び芝園小に行き,機器のチェックや習熟訓練を行った.今後,実践の際は,学生をICT支援員として派遣することとした.

教員免許状更新講習(8/18)

過去に教員免許状更新講習の開設を申し込んだものの却下されてしまって以来,自ら開設する気が起こらず数年が経過していた.当時の担当者も変わったので,申し込んだところ,今や申し込めば開設できるようだった.

今回は「わかりやすい授業づくりのためのICT活用」という定番タイトルで,教室の収容人数や演習の関係で人数制限を設けたところ,なんと抽選となってしまい,しかも大の知り合いの先生が,落選と大変に申し訳ない事態になってしまった.

講座では以下の内容を扱った.

・ICT活用に関わる政策,活用事例や考え方(講義) IMG_3273
・タブレットと授業支援システムの体験(演習)
・タブレットと学習者用デジタル教科書体験(演習)
・実物投影機の効果的な活用(演習)
・指導者用デジタル教科書と電子黒板の効果的な活用(演習)
・フラッシュ型教材ワークショップ(演習)
・学力とICT活用(講義)

演習が小刻みに行われるため,超複雑な準備になる.資料の種類も多かった.これを上手に準備してくれたのが学生達であった.夏の研修に付き合い続けてくれた練度の高い学生達のおかげでこなすことができた.何とアンケートにも学生を褒め称える記述が何件も見られ,お手伝い学生達のレベルの高さが際立っていたと思う.学生がいなかったら100%できない内容であった.受講した先生達も休む間もなく大変だったと思うけども,講座の方も好評価でよかった.

これに気をよくして来年も開設しようと思う.

木原科研会議(8/15)

教師教育ハンドブックの演習問題作成のための会議.久しぶりに大阪に行き,しかももっと久しぶりに前泊し,もっともっと久しぶりに木原研を訪問した.あべのハルカスで大変なことになっていた.

私は,大学教員が現職教員とのコミュニティをどのように作るかとか,そういった演習問題について作る係.まずは過去に運営したコミュニティ(例えば,理科教育MLとか)の思い出話をいろいろと書いているうちに,面白くなっていろいろと書いてしまった.とはいえ,それを問題にするのはまた難しい.みんなの問題は,問題のみならず,工夫に満ちた回答様式であり,大きな差を感じた.やはり,専門家達はちがう.

終了後,小柳先生とパナソニック教育財団のワンダースクール応援プロジェクトについて意見交換して,富山に戻った.

大学へ(8/13)

2週間連続講演・出張でたまった事務仕事を片付けに大学へ.そして,事務仕事は最低限だけやって木原科研の準備.とはいえ,あまりに疲れて効率が悪いのでやめて,家族でサーカスを見に行った.

石川県教育委員会:教育課程研究集会(数学)(8/12)

石川県の高校の数学教員の悉皆研修.こんな場違いな大舞台は到底無理と思ったのだけども,上手に口説かれてしまい引き受けた.

石川県の高校では,教育長がフィンランドの視察からヒントを得て,実物投影機とプロジェクタが数台ずつ整備されたそうだ.そこで,この有効活用について,検討と実技発表を行った.これが日常的なICT活用であると強調した.

それと,将来的な課題について,適切な判断をいただくために,タブレット端末の体験をしてもらった.まず,学習者用デジタル教科書を体験した.そして,チエルの学習支援システムも体験して,それを用いて意見交換を行ってみた.学習者用デジタル教科書については,まだまだこれからに期待という意見が多かった.授業支援システムは,実績のある活用法のみを行い,好評であった.

学生も4名手伝ってくれて,何とか無事に終了できた.タブレットを使うとなるとやはり助手はいる.それは学校も同じだろうと思った.

帰りに,田向君の祖父母が経営する「こだわりラーメン ロン」で,こだわりラーメンを食べた.そして夜は高坂君を囲む会.私は1時間で撃沈.

逗子市教育研究所(8/11)

中学時代の恩師が教育長になった逗子市での研修.なんと,教育長自らお話しを聞いてくれる様子だったので,2年次研修の先生が多かったのに若干難しい話をしてしまう.持続可能なICT活用のポイントや具体例,情報モラル指導の考え方について伝えた.

終了後,村松教育長や教委関係者,若手の先生方、チエルの赤堀さん,粂田さんと一緒に昼食.教育委員会の偉い先生方と若手の先生方の仲の良さに驚いた.これならたくさんの仕事や改革ができるだろう.

終了後,天王洲アイルにある高校時代の友人の会社によった.立派な会社の部長になった友人であった.そして,富山に戻る.3週連続で3泊4日の出張をすると何が何だかよく分からない…