前期最後のゼミ(7/23)

お久しぶりです、中沢です。

昨日、前期最後のゼミがありました。

ゼミの前には、高橋先生から

「世の中にはっきりとした良い悪いはない。常にグレーである。」

というお話がありました。

自分は日頃から「これは良くてあれは悪い」と判断してしまうことが多いのですが、

「こういうケースのときは○○、

しかし、こういうケースののときは△△」というように、

時と場合によって定義を変えることが大切である、ということを学びました。

また、昨日のゼミでは、宮﨑先生がお越し下さり、

現場のご立場から沢山のご指導を頂きました。

宮﨑先生、お忙しい中、有難うございました。

さて、いよいよ夏休み期間に突入します。

沢山の経験を積んで、実りある夏休みにしたいと思います。

 

7月24日ゼミ