NEE東京(6/4)

NEE東京に登壇.

「アクティブ・ラーニングと児童1人1台の情報端末活用」では福山先生と佐藤先生にお世話になる.一見,共通項のないと思えた二人の歩みは,実はほとんど同じだったことが成果だと思う.これをさらに整理すると,1人1台を進める重要な知見になるかも知れないと思った.よい勉強をさせてもらった.

そして,
ワンダースクール応援プロジェクト② 
~「未来の授業(1人1台)を創造する」各自治体の状況に応じた普及展開策と今後の展望~
に登壇.こちらは話を聞いている間に,富山時代の奮闘を思い出した.ホントいろいろあった.でも,学校はもちろん,教育委員会やパナソニックの協力でうまくいった.そんな思いを最後にコメントさせてもらった.

ワンダーでも手順は一緒に思える.一応,現時点でのをまとめておく.

1)ICT環境づくり
 ・安定の重要性
 ・常設と常設方法の重要性
 ・教員研修の重要性
2)基礎基本,学習規律づくり
3)教師によるICT活用の日常化
 ・学習指導に拡大提示(実物投影機)を加える
 ・先生もタブレットを使ってみる
4)児童の情報活用能力の育成
 ・情報スキル,機器操作スキルなど,スキル習得から

その上で教科の学習でのタブレット活用があるということであろう.

次はNEE大阪.登壇者は一部変わるけども,それでも通用するか考えていきたい.