帰国へ

4年連続でフィンランドを訪問した.主にはヘルシンキ,トゥルク周辺の学校を訪問して,授業を参観させてもらった.特に,今年は科研の最終年度になるが,最も長い時間,授業参観やインタビューができ,充実した.現地事情を教えてくれたりアポ取りをしてくれるラクソネン氏や野阪氏,熱心に通訳してくれる幡野氏らのおかげである.本当に4年間,お世話になった.

今回は,木原先生と授業参観ができたことも大変に勉強になった.日本国内はもちろんのこと,各国の授業を参観した経験から,多くの解説をいただいた.どれもこれも貴重な情報であった.

当初,国際的にも定評のあるフィンランドの授業の特徴を明確にして,その際にどのようにICTが用いられているかを明らかにする計画であった.4年間訪問して気がつくのは,英国等と比べれば,とても日本に似ている授業であることだ.日本以上に一斉指導を多用しており,学級で練り上げたり,グループやペアでの話し合い活動といった活動は少ない(トゥルク周辺ではほとんどみられなかった).最も活用されるICT活用は,実物投影機によるプリントやノート等の提示と,指導者用デジタル教科書やpptによる提示だ.こういったことは当初フィンランドの授業に抱いていたイメージから思えば意外な点である.また,少人数や習熟度別といった指導はかなり行われており(1校だけ60名学級とかであったが),柔軟な学級や授業編成が行われている.これを支えるために,校務システムが役割を果たしていた.一部において,1人1台も始まっていた.ただ,どちらかというとキーボード付きPCの方が多く,タブレットは少ない.様々なことが分かったが,帰国後に,こういったことを改めて整理していきたい.