Elisenvaaran koulu訪問(3/9)

7年生から9年生の中学校.225名の生徒がいる.1クラス20名程度で,1学年に4学級あるとのこと.25名の教員に,4名のカウンセラー,心理士,看護師といったスタッフで構成された学校.

S1130112S1130044S1130105全部で8種類程度の授業を15分から30分ずつ参観した.技術の授業以外は,基本的に一斉指導といって差し支えないだろう.先生は,生徒に問いかけをしたりはするが,基本的には閉じた発問であったり,確認を求めるためのであったりして,思考を促すといったことはないように思えた.決まり切った答えの確認的なグループ活動はあっても,オープンエンドな課題についての話し合い活動といったことはない.このとき,ICTはやはり提示に用いられている.教科書,ノート,ビデオなどである.丸つけの仕方も含めて映したり,教科書紙面の一部を拡大提示したりしていた.

生徒は真面目で静かで授業を受けている.スライドを提示すれば,素早くノートを取り,先生が挙手を促せばさっと手を上げて,皆,集中しているのは分かる.チャイムが鳴れば,さっと移動する.相変わらず机の上にスマートフォンがある生徒も多いけども,そして今年は遊んでいる生徒も見られたけども,それでも授業にはそれなりに集中している.この集中力が,学力の源か.