ケドロン ステイト ハイスクール訪問(10/14)

image日本の中高に相当する学校.来年度からはYear7も入学すると言うことで,さらに人数が増えて1200名以上になるとのこと.思いやり,礼を尽くすといったことを学校方針に掲げている.

2010年に地域で最も遅く教員用パソコンが支給され,プロジェクタも10台以下,IWBも少数,7つのコンピュータ室に180台のコンピュータしか当時はなかったとのこと.ところが2014年には,プロジェクタやワイimageヤレス設備を導入し,ラップトップを含めると1100台のコンピュータが入ったとのこと.どこの学校でもこういった聞くが,この国は本当にスピード感がある.

ブレンデットラーニングが大事.伝統的で定評のある授業と,新しい授業形態を混ぜることがよいとのこと.ここでは「トラデジタル」というらしい.PCは万能薬ではないという話にも納得.

imageそういった方針に基づく本校での導入プロセスが説明された.まずは少数のクラスで実践を行ったり,地元の大学に通って勉強し,教員研修の方法なども研究を行ったとのこと.1人で全部やるのではなく,みんなを巻き込んでいくという方針にも納得.さらに,Informal Drop-inという授業研究?風のことを行い交流を図ったとか,文化の変化を徐々に起こしたとか,年配の先生をスピーカーに使って巻き込んでいったとか,いやあー,どこかの国でもやっているような話がずっと続いた.ただ,さすが大学で勉強をされただけあって,説明が理論も含めてであり,勉強になった.image

とはいえ,とにかくBYODなどを導入して,スピード感を持って整備していく様子はとてもかなわないなーと思った.そして,1人1台はタブレットではなくラップトップが基本で,ワードやブラウザの利用が主になる.また専門教育では3Dグラフィックを作ったりもする.それは僕らのパソコンの使い方に近いし,納得の使い方であった.もちろん,もっと上のレベルを目指しているとのことであったが,既に活用は定着している様子のであるから,それが次なる目標なのだろう.